小池病院院長小池病院院長

今日は二重整形、埋没法の腫れをケアする方法を説明しますね

一重に悩んでいる方は、整形で二重にしたいと思うことが多いのではないでしょうか。

ですが、術後の腫れを考えると、仕事や学校をなかなか休めない方は躊躇してしまうかもしれません。

なるべくなら腫れない方法で施術を行いたいですよね。

そこで、二重施術による腫れを最小限に抑える為にはどうすれば良いのか、これからご紹介させいて頂きます。

腫れを最小限に抑える方法

麻酔の量を少なくする

腫れてしまう原因の一つが麻酔の量。
まぶたに水分が多く注入される程、術後に腫れやすくなります。

麻酔による腫れを防ぐ為には、少ない量でも効く薬剤を使用しているクリニックを選ぶこと。

若干、値段は高くなりますが、腫れを最小限に抑えることが出来ます。

腫れにくい留め方のクリニックを選ぶ

まぶたを医療用の糸で留める埋没法は、結び方によっても腫れ方が変わってきます。

結び目が大きくなりすぎたり、強く結びすぎたりすると腫れがひどくなってしまいます。

腫れにくいよう配慮してくれるクリニックでしたら、結び目を工夫してくれて安心です。

極細の糸を使用する

留め方だけでなく、糸の太さからも腫れ方は変わります。

太めの糸を使用されてしまうと、結び目が大きくなり腫れやすくなります。

更に、目を閉じた時に結び目がバレてしまうことも。

仕上がりを美しくする為に、極細糸を導入してくれるクリニックを選びましょう。

症例数の多いクリニックを選ぶ

医師の経験が浅いクリニックですと、技術が伴っていない場合が多い為、腫れやすくなってしまいます。

技術の高さは症例数に比例しますので、実績が多いクリニックを選び、技術の高いドクターに担当してもらうことで腫れを防ぐことが出来ます。

術後に行うと腫れが引きやすくなるセルフケア

保冷剤を使って冷やす

術後は目元を冷やすことで、腫れを早く引かせることが出来ます。

まぶただけでなく、こめかみ部分も冷やすとさらに効果が高まります。

冷やす際は、凍傷を防ぐ為に保冷剤をタオルに巻いて冷やしましょう。

術後の激しい運動は控える

激しい運動をすると血行が良くなり、むくみや腫れを引き起こしてしまいます。

術後1週間は運動は控えて、ゆっくり過ごすことで腫れを最小限に抑えることが出来ます。

飲酒を控える

血流を促す作用があるアルコール類も、腫れを引き延ばしてしまう原因になります。

術後、腫れが引くまでは飲酒を控えましょう。

就寝時は頭を高くする

頭を低くしてしまうと血液が顔の方に溜まってしまい、目元がむくみやすくなってしまいます。

高めの枕を使用するなどして、顔を心臓よりも高くして寝ましょう。