小池病院院長小池病院院長

小池病院、院長の小池です。

二重整形の埋没法ですが、皆さんは手術後いつまで持続できるかご存知ですか?

今日は埋没法の持続期間について詳しくご説明します。

ぱっちりとした大きな目に欠かせない二重のライン。

一重で悩んでいる方の中には、整形手術で二重にしたい!とお考えの方も多いのではないでしょうか。

最近ではメスを使わす、医療用の糸でまぶたを留めるだけで、簡単に二重のラインを作ることが出来るプチ整形もあり、整形で二重にする方も増えてきました。

費用も比較的安く、簡単に行えるプチ二重整形ですが、いつかはもとに戻ってしまうのではないか心配な方もいらっしゃるかもしれません。

切らない二重整形の埋没法は、まぶたを糸で留めて二重のラインを付けるため、結び目が緩くなってしまったり、糸が切れてしまうともとの目元に戻ってしまう可能性があります。

これから、埋没法で二重のラインを作った際、どうすればもとに戻らず長持ちさせられるかをご紹介いたします。

埋没法での二重ラインを長持ちさせる方法

目元をこすったり引っ張ったりしないようにする

まぶたをこすったり、引っ張ったりすると糸が緩んだり切れてしまうことがあります。
埋没法は糸でまぶたを留め、二重ラインを作っているので糸が切れたり、結び目が緩んでしまうと元の目元に戻ってしまいます。
花粉症で目元がかゆくなりやすい方や、つけまつげを頻繁に使用している方は要注意!
埋没法を受けた際はなるべく意識して、目元を触らないようにしましょう。

二重の幅を欲張らない

まぶたは眉毛に近くなる程、皮下脂肪が厚くなるため、二重の幅を大きくしすぎてしまうと、留めた箇所に負担がかかりやすく、糸が切れてしまうリスクが高くなります。
まぶたの脂肪の量によって、二重の幅は変わってきますので、ドクターに相談しながらベストな幅を決めましょう。
もし、どうしても外人の様な幅の広い二重を希望している方は、留める箇所を増やすかメスを使う切開法での施術をおすすめします。

保証のあるクリニックを選ぶ

元に戻ってしまうことが不安な方は、ラインが戻ってしまった時に無料で再手術を行ってくれるクリニックを選ぶと安心です。
クリニックによって、保証期間は異なりますので、なるべく長い間保証してくれるところで施術を受けましょう。

埋没法による二重整形をお考えの方へ

埋没法は整形術の中でも、比較的手軽に受けられる施術です。
ですが、せっかく施術を受けてもも、元に元に戻ってしまうとがっかりしてしまいますね。
なるべく長持ちさせる為に、目元に負担をかけず、二重のラインは自分に合った幅を医師に確認してもらいましょう。
また、クリニックを選ぶ際は、万が一戻ってしまったことを考えて、無料保証を掲げているかどうかチェックして下さい。