毎日アイプチするのは面倒…
一重まぶたのせいでアイメイクが決まらないよ…

こんな悩みを解決する為に効果的な二重整形。
一重まぶたがコンプレックスの方は、手術をうけてみたいなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、失敗を考えるとなかなか決断出来ないですよね。

残念ながら、二重整形で失敗してしまっている方も中にはいらっしゃいます。
なるべく、失敗しない為には高い技術を持ったクリニックを選ぶことが重要。

これから、二重整形の失敗例と失敗しない為のクリニック選びについて、詳しくご紹介いたします。

二重整形の失敗例

まず、二重整形を行った時に考えられる失敗例を一緒に見ていきましょう。

埋没法の失敗例

まぶたを医療用の糸で留めて、二重を作る埋没法。
メスを使わず比較的費用を抑えて手術が受けられると、人気のプチ二重整形です。

クリニックにより使用している糸の太さが異なり、太めの糸を使用している所で施術を受けてしまうと、
目を閉じた時に留め箇所が目立ってしまいます。

また、糸の結び方によっても仕上がりが変わってきます。
極細糸を使用していて、目立たない留め方を工夫しているクリニックを選ぶと埋没法の失敗を防ぐことが出来ます。

切開法の失敗例

まぶたの皮膚をメスで切り、余分な脂肪を排出して縫い合わせる方法。
脂肪が多く、まぶたが厚い方や埋没法で二重が作れなかった場合におすすめの二重整形です。
埋没法と違い、一重まぶたに戻ってしまう確率が低い施術です。

一番気になる失敗は、傷跡が残ってしまうこと。
本来、二重の線と馴染む為、目を閉じても傷跡が目立つことはありませんが、
医師の技術不足により、二重の線と切開部分が一致しない場合は傷跡が目立ってしまいます。

二重整形に失敗しないために

メスを使う使わないに関わらず、医師の技術が仕上がりに大きく関わってきます。
失敗しない為にも、症例数が多く経験値が高い医師が在籍しているクリニックを選ぶことが大切です。

そして、失敗を回避する方法を提示してくれているクリニックだと、更に失敗してしまう確率を減らすことが出来ます。
例えば、埋没法では極細糸を使用していて、目立たない留め方を取り入れている所を選ぶと安心です。

また、切開法で施術をする場合は、皮下組織を縫い合わせる方法を導入していたり、
細胞成長因子というコラーゲンなどを増やして、傷跡が目立たなくさせる方法を取り入れているクリニックを選ぶことで失敗を回避出来ます。