ぱっちりとした目元を作り出す二重。
大きい瞳に必要な条件の為、憧れを持っている方も多いかと思います。

ですが、ひとくちに二重といっても色々な種類があるのはご存知ですか?
二重は種類によって人にあたえる印象が違いますし、形により可愛い系、キレイ系など系統も変わってきます。

ここでは、二重の種類や顔の印象についてご紹介いたします。

末広型

目頭から目じりにかけてだんだんと二重のラインが広がる末広型。
日本人に最も多い二重です。
日本人は目頭の蒙古襞(もうこひだ)という目頭の皮膚が発達しているため、末広型になりやすいと言われています。
芸能人で言うと広末涼子さんの目が末広型となります。
自然で涼しげな印象を見た人に与えます。
東洋美人というような、綺麗系がお好みの方は末広型の二重が合っています。

平行型

若い方に人気の平行型。
目頭から目尻まで平行に線が広がっている二重です。
西洋人に多い形で、日本人で平行二重型の方はハーフのような印象をもたれることが多いです。
平行二重型を代表とする芸能人は浜崎あゆみさん。
末広型よりもぱっちりとしていて、お人形さんの様な可愛い目になります。
ですが、日本人は目頭の蒙古襞が発達していることが多く、平行型の人は末広型に比べて少ないと言われています。
目頭が浅い人が平行型の整形手術を受けると不自然になってしまうこともあるので、整形手術を受ける際は気をつけましょう。

奥二重型

二重の幅が狭く、線がまぶたの内側に入ってしまっている状態が奥二重型です。
平行型や末広型と比べ、目が小さい印象を持たれます。
奥二重の芸能人は蒼井優さん。
かわいらしいイメージも与えますね。
奥二重は目が腫れたり、寝起きの時に一重になりやすい為、アイプチやアイテープでくっきりとした二重を作っている方も多いです。
黒めがちな小動物のような愛らしい雰囲気が出るのが、奥二重の特徴です。

平行型と末広型はどちらが大きく見える?

末広型に比べて並行型の方が目は大きい印象を持たれます。

その為、外国人の様に大きい瞳を手に入れたいという方は整形手術で並行型を希望される方がほとんどです。

ですが、日本人は目頭の蒙古襞(もうこひだ)が発達している場合が多いので、末広型の方が合うと言われています。

蒙古襞が発達していると平行型にしても不自然になってしまうので、元の目に合った形を選ぶことをおすすめします。

蒙古襞は切開することでなくなりますので、平行型の手術と合わせて行うとぱっちりとした人形のような瞳になります。