一重の方はパッッチリ二重にする為、アイプチやアイテープを使って毎日がんばっている方も多いかと思います。
アイプチやアイテープは手頃な価格で手に入り、ぱっちり二重を作る為に欠かせないアイテムですが、
綺麗な二重を作るには手こずり時間が掛かってしまいますし、肌が敏感な方はかぶれてしまうことも。

メイクの時間を短縮させたり、アイプチによって肌が荒れてしまう方は美容整形で二重を手に入れることをおすすめします。

今は化粧の様に簡単にできるプチ整形もあり、二重整形は一般的になってきました。
二重整形と言っても手術方法はいくつかございますので、これから代表的な施術方法をご紹介いたします。

埋没法

埋没法はメスを使わない施術方法です。
いわゆる『プチ二重整形』と言われている方法。
人の髪よりも細い医療用の糸でまぶたの内側を留めて二重を作る施術です。
施術はわずか15分程度とすぐに済み、簡単に二重になれると人気が高まっています。
埋没法の中でも1点留め、2点留め、3点留めなど方法が分かれます。

1点留め

まぶたの裏を1箇所留める方法。
まぶたの脂肪が比較的少ない人にオススメで、二重の幅は狭く自然な仕上がりになります。
留める箇所が少ない分、腫れにくく埋没法の中で最も料金が安いです。
デメリットはまぶたが厚く脂肪の多い人には向かない点。
1箇所しか留めないので、数箇所留める方法よりはもとに戻りやすいとされています。

2点留め

まぶたの裏を2箇所留める方法。
まぶたに少し脂肪が付いている方やくっきり二重になりたい方にオススメです。
仕上がりは1点留めよりも二重の幅が大きくなり、はっきりとしたハーフのような顔立ちになります。
1点留めよりも強度があり、外れにくいです。
ですが、留める箇所は多くなることで、腫れやすく料金も上がってきます。

3点留め

最も強度の高い3点留め。
まぶたの裏を3箇所留める方法です。
二重の幅は2点留めと同じく幅が広く、外人のような目に仕上がります。
デメリットは腫れが引きにくく、1,2点留めよりも料金は高くなります。

切開法

まぶたを切開し、余分な脂肪を取り出して縫い合わせる方法です。
埋没法は糸が切れてしまうとに戻ってしまいますが、切開法は元に戻ることなく二重を維持できます。
まぶたに脂肪が付いていて埋没法ではなかなか二重になりにくい方や、埋没法を試したけど元に戻ってしまった方は切開法を受ける場合が多いです。
メスでまぶたを切開する為、傷跡が目立ってしまうこともあるという懸念点があります。
埋没法に比べると料金は高く、ダウンタイムも長いのが気になる点です。